fc2ブログ

ウンドウノススメ

今回の事の起こり。
ところで、「お前ボールな!」の元ネタって何処なんですかね?(何)

自分も友人Aもまともな卓球経験はなく、やったことはラリー(の真似事?)。
球を追いかけて激しく動く自分に対し、終始涼しい顔で微動だにせず(は大げさだが)球を打ち返す友人A。
思わず「今回の趣旨、なんだっけ?」と聞いて見る始末。そして返ってきた答えが「”さくら号を運動させよう”企画?」

1時間ほど遊んだところで終了。どうでもいいけど、レンタル料30分800円て高くないですかね???
今回の卓球ごっこ、なんぞやの資料として必要だったらしいですけど役に立ちましたかね?>友人A
スポンサーサイト



続きを読む
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

プレ金

今朝のラジオ(ローカル番組)でアナウンサーが「(プレミアムフライデーのことなんだが)今日になって新聞各紙が急に使いだしててびっくりした」って言ってた>タイトル

「うちには関係ない」とか「年度変わったら消えてそう」とか言われてるけど、(「年度変わったら~」はお前しか言ってない)
まず先に「残業しないと(手取り額が少ないから)生活できない」とか「残業時間が多い人がエラい!(ドヤァ)」って考えを絶滅させないと意味ないよねーと思ってる。お前はまず勤め人になるところから始めないとなw
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

このPCは何回死ぬのか。(そして何回蘇生するのか)

文章考えるのめんどいので箇条書きで(ぉぃ)

1)事の起こり
ブルースクリーン
ブルースクリーン「KERNEL_SECURITY_CHECK_FAILRE」発生で再起動をかけようとしたら…

リカバリー要求
「Your PC/Device needs to be repaired」。

2)対処法をググる
 「修復ディスク」を使う。出来なければWindows10のディスクから修復インストール。

3)実際に行った行動
 修復ディスクもWin10のディスクもなかった(Win7からのアップグレード)ので、バックアップから復旧できないかを試す。
 →バックアップからのリカバリーが成功(?)するも、黒画面(できることはタスクマネージャの立ち上げのみ)での起動。
 →タスクマネージャーの「新規タクスの実行」からブラウザ起動。
 →Win10のインストールディスクとなるISOファイルをダウンロード。
 →ISOファイルをDVDにコピーして修復インストール。
 →Win10復活もディスプレイドライバを認識せず・カスペルスキーが不完全インストール状態(その他損傷してるプログラムあり)
 →ディスプレイドライバは完全にアンインストール(DDUというソフト(参照先)を使った)したあとで最新版をインストール
 (こうしないとインストールに必ず失敗する)
 →「APSDaemon」はiTunes関係のファイルなので、手順に従って関係プログラムをアンインストールしてから再インストール。
 →その他、損傷してるプログラムを再インストール ←今ここ

以上、今日までの作業内容。
まだ全部のソフトが無事かは確認できてないので、数日は再インストール祭りだと思う…
しかし、なんでバックアップから復旧したのに不具合がわらわら出てくるんだろう…

4)余談
 必要なファイルをダウンロードしまくっていたらこんなことになったw(今日から三日間は速度が遅い状態に…)
 通信速度制限突入…
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

トラックバックテーマ:行ってみたい国はどこですか??

FC2トラックバックテーマ 第2229回「行ってみたい国はどこですか??」
…天国?「国」じゃねーし普段の行いが悪すぎるから間違いなく行けねーよ?


マジレスすると、日本語がちゃんと通じるならどこでもいいわ(何)
数年前にパスポート失効したから海外行きたくてもいけないけどな…
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
カテゴリー
過去ログ +

最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。